CSR / SDGsへの取り組み OUR APPROACH TO CSR & SDGs

イーオンではスクール運営以外にも、地域社会への英語普及活動、
さまざまな活動への英語を通したサポートを積極的に行っています。

  • SDGs達成へのコミットメント

    株式会社イーオンは、事業を通じて社会課題の解決と価値の創造に取り組んでおります。英語教育事業を通して、SDGsが目指す持続可能な社会実現に向けて貢献いたします。

  • イーオンとSDGs

    SDGs(持続可能な開発目標)には、イーオンが以前から取り組んでいる活動も多く、これからもこの目標の達成に向けて貢献いたします。

  • ミス・アース・ジャパン
    「英会話トレーニングサプライヤー」

    ミス・アース・ジャパン 「英会話トレーニングサプライヤー」 ミス・アース・ジャパン 「英会話トレーニングサプライヤー」
    • 4 質の高い教育をみんなに 4 質の高い教育をみんなに
    • 16 平和と公正をすべての人に 16 平和と公正をすべての人に
    • 17 パートナーシップで目標を達成しよう 17 パートナーシップで目標を達成しよう

    「ミス・アース」は、美を競うことに加え「地球環境保護」や「地球温暖化防止」を標ぼうし、2001年に発足した、世界4大ミス・コンテストの一つにも数えられる大会。
    イーオンでは、大会の趣旨に賛同し、また世界に羽ばたく日本人の語学学習を支援すべく、2018ミス・アース・ジャパンへの英会話トレーニングをサポートしました。イーオンでの英語学習を熱心に行ったため本大会トーナメントにて日本代表では6年ぶりのTOP18入りを果たしました。継続して、2019ミス・アース・ジャパン、2020ミス・アース・ジャパン東出あんなさんへのサポートを行い、世界大会で3年連続TOP20以上に入賞しました。

  • 公益社団法人
    チャンス・フォー・チルドレンに協力
    被災家庭への教育支援を実現。

    チャンス・フォー・チルドレン チャンス・フォー・チルドレン
    • 1 貧困をなくそう 1 貧困をなくそう
    • 4 質の高い教育をみんなに 4 質の高い教育をみんなに
    • 10 人や国の不平等をなくそう 10 人や国の不平等をなくそう

    チャンス・フォー・チルドレンの思想である「未来を担う子どもたちの教育機会を保障し、成長を支えることこそが、長期的な被災地の復興につながる」に賛同し、2011年より、英会話学習希望者を受け入れ続けています。

    https://cfc.or.jp/activity/east/

    近年は自治体もこの取り組みに注目をしており、東京都渋谷区生活福祉課における生活保護受給世帯の子どもの学習支援事業にも協力しています。

  • 教室照明をLEDに変更。

    教室照明をLEDに変更 教室照明をLEDに変更
    • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    • 12 つくる責任つかう責任 12 つくる責任つかう責任

    イーオンでは、店舗へのLED照明の導入により、店舗におけるCO2削減を積極的に推進しています。2015年4月から店内照明のLED化を開始。2020年12月現在、218店舗に導入しています。また、電気使用量が従来比8%削減された「高効率LED照明」にも着目し、順次、新規店舗の店内照明として導入しています。

  • ニューヨーク報告会のための
    「ふくしまキッズ」英会話レッスン

    ニューヨーク報告会のための 「ふくしまキッズ」英会話レッスン ニューヨーク報告会のための 「ふくしまキッズ」英会話レッスン
    • 4 質の高い教育をみんなに 4 質の高い教育をみんなに
    • 16 平和と公正をすべての人に 16 平和と公正をすべての人に
    • 17 パートナーシップで目標を達成しよう 17 パートナーシップで目標を達成しよう

    東日本大震災による福島第一原発事故の影響で、十分な屋外活動ができない子ども達に遊びの場を提供してきた「ふくしまキッズ」の活動趣旨に賛同。
    キッズたちの代表生徒・児童が、アメリカ・ニューヨークでの活動報告会にて感謝のスピーチを行うため、福島県内のイーオン各校で、イーオン講師により無償で指導を行い、英語でのスピーチレッスンに取り組んでまいりました。

  • さまざまな人材を積極的に活用
    「ダイバーシティの推進」

    さまざまな人材を積極的に活用 「ダイバーシティの推進」 さまざまな人材を積極的に活用 「ダイバーシティの推進」
    • 8 働きがいも経済成長も 8 働きがいも経済成長も
    • 5 ジェンダー平等を実現しよう 5 ジェンダー平等を実現しよう
    • 10 人や国の不平等をなくそう 10 人や国の不平等をなくそう

    性別や国籍、人種の違いに限らず、早くから優秀な人材を積極的に採用し、英語教育、スクール運営、会社や組織の活性化を行っています。
    またイーオンは女性の比率も多く、女性が働きやすい環境づくりにも取り組んでいます。

  • 公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
    オフィシャルサポーター

    2017年1月から2019年12月まで、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(JRFU)の「公式語学トレーニングサポーター」としてオフィシャルサポーター契約を結びました。
    その間、日本代表選手、審判、協会職員にスクール通学、インターネットレッスンなどを提供し英語力向上を支援しました。

    • 4 質の高い教育をみんなに 4 質の高い教育をみんなに
    • 17 パートナーシップで目標を達成しよう 17 パートナーシップで目標を達成しよう
  • 従業員の健康・安全

    女性活躍推進法、働き方改革関連法案改正、GDPRへの対応などコンプライアンスを遵守し、一人ひとりの健康の維持向上を目指した積極的な「健康経営」を推進していきます。

    • 3 すべての人に健康と福祉を 3 すべての人に健康と福祉を
    • 8 働きがいも経済成長も 8 働きがいも経済成長も
    • 16 平和と公正をすべての人に 16 平和と公正をすべての人に
  • 公教育への支援

    民間英語教育のノウハウを、小学校教員、中高英語教員を対象とした英語指導法・英語力向上セミナーを毎年無料で開催しています。変わる学校教育に悩む教職員や自治体、団体へのいち早い協力を表明しています。

    • 4 質の高い教育をみんなに 4 質の高い教育をみんなに
    • 17 パートナーシップで目標を達成しよう 17 パートナーシップで目標を達成しよう

主な活動実績例

  • 「イーオンキッズ東日本・東海・北海道・西日本・関西で英語発表会 スピーチコンテスト」開催
  • 「英語の休日」バスツアー開催(2013~2020年毎年開催。2020年は新型コロナ対策の上実施、2021年も開催予定)
  • 英語教育改革の推進に向けて「小学校教員向け」「中学・高校英語教員向け」に指導法・英語力アップのセミナーを開催
  • ボランティア通訳ガイド養成講座(2015~2020年毎年開催。2021年も開催予定)
  • 「イーオンと英字新聞ジャパンタイムズ共催セミナー」開催(2013~2020年毎年開催。2021年も開催予定)